>

作業しにくい現状を変える

壁をなくしてみよう

事務所内が狭くて、動線が悪くなっていた可能性があります。
少しでも事務所を広げるために、壁を壊してください。
すると壁の向こう側にあった部屋と繋がるので、広い1つの部屋に生まれ変わります。
それなら余裕を持ってデスクやイスなどを配置できますし、歩くスペースも十分に確保できます。
壁を壊したい時は、業者に任せましょう。

逆に、大きな部屋に壁を付けて区切ることも可能です。
広い部屋に社員全員を収容すると、プライバシーがなくなってしまいます。
大事な情報を守れるよう、部署ごとに仕切りを付けると良いでしょう。
またパーテーションや壁で仕切ることで、他人が気にならなくなります。
それが、社員の集中力を高めることに繋がるでしょう。

ネットワーク系の工事をする

快適にパソコンを使えるよう、ネット環境を整えてください。
そのためには、ネットワーク系の工事も依頼しましょう。
無線にすると、ケーブルが必要なくなります。
するとデスクをどこに置いても邪魔にならないので、社員の好きな位置にデスクを置いて仕事を進めるスタイルの事務所におすすめです。

通信速度や安定性を重要視するなら有線ですが、ケーブルが邪魔にならないレイアウトを考えてください。
うまくデスクの下にケーブルが通るよう配置することで、歩く時に躓きません。
ケーブルが引っかかって誰かが転んだら危ないですし、その拍子にケーブルが抜けるとネットワークが機能しなくなってしまいます。
そうならないよう、事前に対策を考えましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる